歯のクリーニングと漂白(ホワイトニング・ブリーチング)

P.M.T.C. & TOOTH WHITENING/DENTAL BLEACHING

歯の着色や変色でお悩みの方に!!

当医院では歯列矯正以外にも、歯のクリーニング(P.M.T.C.)や、歯の漂白(Tooth WhiteningDental Bleaching)といった審美治療も行なっています。

P.M.T.C.とは

毎日きれいに磨いているつもりでも、歯ブラシの届きにくい所にはプラーク(歯垢)や汚れが溜まりがちです。
そのままにしていますと、歯石が溜まったり、歯の表面に沈着物が付着して変色したリしてしまいます。

このような部分を徹底的にお掃除するのが P.M.T.C.(Professional Mechanical Tooth Cleaning) です。
審美的な観点からだけでなく、 お口のと歯の健康のための治療です。

P.M.T.C.の効果

-->>

1)歯肉炎・歯周炎の予防:

歯肉(歯茎)の腫れがおさまり、歯肉(歯茎)が引き締まってきます。


-->>

2)きれいな歯を保つ

茶渋やタバコのヤニなど歯の表面の汚れを取り、研磨をします。

また、歯の表面へのカルシウム補給を助け、汚れを付きにくくします。



歯の漂白(ホワイトニング/ブリーチング)とは

~P.M.T.C.でも取れない歯の変色に~

歯を白くするには、従来からの歯を削ってラミネートクラウンやフルセラミッククラウン等をかぶせたりする方法と共に、歯を削らずに漂白する方法があります。
歯の漂白法は大きく分けて歯科医院で行う漂白法(オフィスホワイトニング法)と、ご家庭で行って頂くホームホワイトニング法があります。当医院では現在オフィスホワイトニング法ホームホワイトニング法を併用し、白い歯を長持ちさせる デュアルホワイトニング をお勧めしています。

オフィスホワイトニング法

office bleaching

オフィスブリーチング前

office bleaching

オフィスブリーチング後

これは医院で歯の唇側面をクリーニングし、ホワイトニングジェルを塗布し、光を照射することで歯を漂白する方法です。

1回、1時間から1時間半ほどの時間を要しますが、通常2回から3回の通院で十分な効果が得られます。舌側矯正治療中の方は治療中でも漂白することが出来ます。

目標とする日にちが決まっている方、例えば結婚式や成人式を控えた方など、期間が限定されている方にお勧めの方法です。

漂白後はホームホワイトニング法を行った方と同様の生活習慣を維持されれば効果は長持ちします。


ホームホワイトニング法

歯型のトレーと専用漂白剤

これは、各個人の歯型に合わせて作ったトレーに薬剤(歯専用の漂白剤)を入れて 毎晩寝ている時などを利用して装着してもらう方法です。

簡便で通常1週間から10日に一度、3~4回程度の通院で終了します。(程度により、もう少し通院していただくこともあります。)

なお、歯の漂白後は出来るだけ喫煙を控えるとか、色素の多い飲料(例えばコーヒー、コーラなど)を多飲されないことが、歯を白いまま長持ちさせることにつながります。


P.M.T.C.も歯の漂白も治療費はそれ程かかりません。

詳しくは当医院までお問い合わせ下さい。

〈ホワイトニングされた方の体験記〉

 思い起こせば4年前、思春期の頃から気になっていた歯列矯正をしようと決心して、舌側矯正に実績のある香川矯正歯科医院を訪れ、念願の“まっすぐな歯並び”を手に入れました。

 それだけでも十分満足していたのですが、院長先生から“ホワイトニング”のお話を聞き、前々から黄色い歯が気になっていたこともあり、とりあえず上の歯だけしてみました。

 結果は思った以上に白くなり、これぞ、“歯”という感じです。今あわてて下の歯の方にとりかかっています。

 きっとこの夏は、まぶしい太陽の下で真っ白な歯を輝かせていることでしょう!!(2000年4月22日 天野 萌)

矯正治療前 矯正治療後 ホワイトニング後

矯正歯科治療でステキな笑顔ときれいな歯並びに!!


さらに輝く白い歯をあなたに!!

HOME
[HOME]