小児矯正について

矯正歯科治療においては基本的に小児期に治療開始をお勧めする例があります


一つは成長と共に骨格性の不正咬合への移行が考えられる症例です。

例えば下顎前突症例、いわゆる受け口とか反対咬合になる例です。このような場合は着脱可能な顎外固定装置や機能的矯正装置を使用することで一旦前歯の咬み合わせを正常に改善することにより、かなり骨格性に移行することを軽減することができます。

下顎前突症例 治療前

下顎前突症例 動的治療後(非抜歯)

上顎前突症例 治療前

上顎前突症例 動的治療後(非抜歯)


開咬

そのほか、舌突出癖を伴う開咬や、右側と左側の咬み合わせがずれている交叉咬合などは是非小児期の矯正治療をお勧めします。

また前歯部の重なりのある症例も、成長を利用した側方拡大や臼歯部の後方移動、前歯部の前方移動を容易に行える小児期に治療を開始することで、多くの子供たちが、将来、永久歯列期になって永久歯抜歯を行わずにすばらしい歯並びと咬み合わせと達成することが可能になると思われます。

叢生治療例 いずれも非抜歯

交差咬合治療例 いずれも非抜歯



矯正歯科治療でステキな笑顔ときれいな歯並びに!!

HOME
[HOME]