矯正歯科治療との一環治療

顎のズレやそれに伴う不定愁訴、顎関節症の改善も!

 矯正歯科といえば悪い歯並び噛み合わせを治す、顔かたちを整えるなど様々な不正咬合(咬合異常とも云う)の改善が主な治療内容ですが、それだけではありません。

 近年は食生活の変化、特に軟食(あまり噛む必要のない柔らかい食物)を好む食生活をされる方の増加に伴い、顎(あご)の骨や筋肉の発達、噛み合わせ等が悪くなり、顎のずれを生じている方が多くなっています。

全身の健康に影響する噛み合わせ

 顎は簡単にいうと頭にぶら下がっており、顎のずれが頭や首の骨、背骨、腰の骨のずれにつながって体のバランスが崩れてしまっている方も多くなっています。

 皆さんの中で顎がだるいとか、肩が凝る、耳鳴りや目まいがする、腰痛が治らない、頭痛がする、不眠症である、姿勢がおかしくなったなど日常生活に支障を来している方はいないでしょうか?

 このような様々な不定愁訴に悩み、耳鼻科や整形外科などに通院される方が多いと思われますが、あまり改善しないとか原因の分からない場合、上下の顎の関係やずれ、悪い噛み合わせを治すと改善することが多いのです。

顎関節症

 いわゆる顎関節症といわれる症状も、このような顎のズレ噛み合わせの悪さから顎関節の筋肉や靭帯に負担がかかり、一つの局所の症状として発症する場合があると考えられています。
また、顎関節症は外傷歯ぎしりくいしばりストレス等の様々な因子も発症に関与すると云われておりますが、原因不明のものも数多くあります。

 顎関節症は一般的に初期症状として口を開閉する時、顎の関節の靭帯部分(顎関節円板)で音(関節雑音)がするといったことから始まる場合が多いのですが、そのまま急激に症状が進行する方は少ないようです。

 しかし比較的僅かとも思える噛み合わせの悪さや、左右のバランスの悪さが原因で靭帯が次第に損傷し、やがて口が開かなくなったり、ひどい痛みを伴ったりするといったように症状が進行する場合も見られます。

矯正歯科治療との一貫治療による改善

トモグラム

トモグラム

フットビュー クリニック

フットビュー クリニック

シロナソ アナライジング システム

シロナソ アナライジング システム

 このような不定愁訴を訴える様々な全身随伴症状を有している方は一般的に成人女性に多く見られます。

 当医院ではその改善のために一般的諸検査だけでなく、最新の顎関節断層X線撮影装置(トモグラム)下顎運動記録解析装置(シロナソ アナライジング システム)、足圧分布測定システム(フットビュー クリニック)などによる精密な検査データを基に診断し、理学療法と共に下顎ポジショニング装置を用いた治療を行った後、更に矯正歯科治療を行うという一環の治療を行って多くの好結果を得ています。



矯正歯科治療でステキな笑顔ときれいな歯並びに!!


更によく噛める健康な毎日に!!

HOME
[HOME]